FC2ブログ

*All archives   *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.08.03 (Fri)

鏡の中の月 

コメント返信
虹>>害虫抹殺!って言いながら仕留めると楽しいよ(

來>>朝の5時はきついね。うん、あほだ!



【More・・・】

昔の記事探ってたら小説のカテゴリがあるので読んで見ることに・・・


うわ、文才なさすぎ。

っか設定が見えません!


よし頑張って直しつつ書こう(

















ペリオンの使者から手紙を受け取り内容を理解したダークロードは他の町にも手紙を送らせた。



「まいったな・・・。」


殺風景な道で独り言を呟いている自分がいた。

いきなり初心者からやり直す事になっては何かと不便な事は沢山ある。

まずはお金、と思い片っ端から依頼を受け、報酬金で---と、やってみたがいいが頼まれた品が集まらない、いや集めれないというのが正しいだろうか。
こんな品、ちゃんとした俺なら---・・・と回復に時間を当てる事にした。









あれ、ここはどこ?

初心者講習所とかいう場所で基礎を学び好きな職について頑張ってみる・・・と思っていた矢先。

「あー、死んだか・・・」

気がつけば自分は幽霊になっていた。

わけもわからないままぼーっとしていると町に戻された。

ルディブリアム
おもちゃ達が動く、子供らしい町だが奥へ進む程桁違いの敵が登場する。


自分はなぜここに?

答えは自分自身を見てわかった。
使い古した装備、高度なスキルが記載された本、ありえない自分の能力。
先程一緒に戦っていた仲間に用事があると嘘を言い持っているアイテムを確認した。



「もしかして入れ替わったのか?」


人気のない場所で呟く。








スポンサーサイト
EDIT  |  21:13 |  小説もどき  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

何がなんだかわからないぞおおおおおおおおおおお
來軌 |  2007年08月04日(土) 00:25 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。